読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の感想

日々、購入したものについてレビューをしていきます。

【感想】 Suck a Stew Dry 2ndミニアルバム 「ラブレスレター」

Suck a Stew Dryの2ndミニアルバム「ラブレスレター」を購入しました。
前作よりもアルバム全体としてのまとまりがある印象を受けました。

曲目リスト
1. 毒ガスと花束
2. ドライフラワー
3. Normalism
4. ないものねだり
5. 傘
6. 雨 -Inter lude-
7. ひとりごと
8. em
9. Thursday’s youth
10. 花 -Introduction-


曲目ごとの感想

1曲目 毒ガスと花束
“僕らは唯一の命を神様からひったくっている”
キレイなメロディに乗せられた厭世観のある気怠くしかし心地の良い歌詞、Suck a Stew Dry節が全面に溢れた一曲だと思います。何度も繰り返し聞いていると、ある瞬間からスッと腑に落ちるような感覚がありました。本アルバムのなかでもお気に入りの一曲。

8曲目 em
“あの日から僕はもう終わった生き物だよ”
アルバムの最後のほうのアップテンポで、前作の“遺失物取扱所”とはまた違った視点の1曲。鬱屈した感情が曲の終わりに向けて解放されていく。聞き終わっても余韻が残る。